<< 【注目のオークション】Sigurd Ressell / アームチェア. SR59 / Niels Vodder | main | 【現行品との比較】Arne Jacobsen / Seven chair / Fritz Hansen >>
2018.02.12 Monday

【現行品との比較】Hans J. Wegner / Armchair. JH-701 / Johannes Hansen

■Hans J. Wegner / Armchair. JH-701 / Johannes Hansen

 

------------------------------------------------------------------

ウェグナー自邸でも使われた、繊細で美しい笠木を持つ椅子

 

1965年に発表されたJH701はウェグナーが自邸のためにデザインをしたと言われています。

ウェグナーの作品には珍しく木材とスチールと革による異素材を合わせて作られ、

全体的なフォルムがとても軽快な印象を受けます。

特に笠木が美しく、ウェグナー代表作のザ・チェアのように「見せるジョイント」として

笠木は四つの木片を寄木に十字型をした小さな木片でそれらを連結しています。

▲JH701の美しい笠木

 

現在はPP mobler(PPモブラー)で製造されておりますが、

その前はJohannes Hansen(ヨハネスハンセン)で製造されておりました。

工房の違いにより、JH701とPP701には笠木のフォルム、サイズに違いがございます。

 

笠木の中心部が50mmほどPP701のほうが大きく、JH701のほうがすっきりとしたフォルムです。

■左)Hans J. Wegner / アームチェア. PP-701 / PP Mobler

■右)Hans J. Wegner / アームチェア. JH-701 / Johannes Hansen 

 

全体的に丸みのあるPP701に比べ、JH701のほうが薄くシャープな印象を受けます。

■左)Hans J. Wegner / アームチェア. PP-701 / PP Mobler

■右)Hans J. Wegner / アームチェア. JH-701 / Johannes Hansen 

 

 

フィンユールの名作No45(ワンコレクション製)とNV45(ニールスボッター製)は

木部の直径や座った際の感触が大きく異なりますが

丈夫で壊れにくい家具を生産し、提供する事が世に求められる結果
改良を余儀なくされたとも言われております。

PP701もより一般市場に求められた用途に合うように改良をされていったのかもしれません。

(関連記事:Finn Juhl No,45 オリジナル品(NV製)と現行品のフォルムについて)

 

------------------------------------------------------------------

 


現在KAMADA六本木ショールームにて現行品のPP701、

ヴィンテージ品のJH701を比較してご覧いただけます。

 

2月17日(土)、18日(日)は六本木ショールームにて

「比較展&イージーチェア展」を開催しております為、

通常予約制の六本木ショールームが ご予約なしでご内覧頂けます。

 

お気軽にお越しいただけますと幸いでございます。

 

 

KAMADA

西

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

(お問い合わせ先)
株式会社KAMADA
Email:info@kamada-japan.com
Tel:  03-6802-6656

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Kamada Interior Select
世界各国からセレクトしたインテリアスタイルの紹介
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM