<< 【注目のオークション】Hans Olsen / Teak. Dining set / Frem Rojle | main | 【注目のオークション】Sigurd Ressell / アームチェア. SR59 / Niels Vodder >>
2018.02.06 Tuesday

【現行品との比較】Hans J. Wegner / Easy chair. GE290 Teak / GETAMA

Hans J. Wegner  Easy chairs. GE290 Teak  GETAMA-2 (6).jpg

Hans J. Wegner / Easy chair. GE290 Teak / GETAMA

 

------------------------------------------------------------------

未だに高い人気を誇るウェグナーの名作GE290

 

ハンス・ウェグナーによりデザインされたGE290は1953年に発表されてから

未だに生産が続けられ、世界中で高い人気を誇ります。

そんなGE290ですが現行モデルとヴィンテージモデルに違いがあることをご存知でしょうか。


まず座り心地が大きく異なります。
現行品はフレーム座面にウェービングテープ、クッションはウレタンを使用しており安定感のある
しっかりとした座り心地です。
ヴィンテージ品はフレーム座面にスプリング、クッションはコイルスプリングとウレタンを使用しているため
反発力のある座り心地が特徴です。

座り心地は好みがわかれるところではありますが、個人的にはヴィンテージ品のコイルスプリングを使用した

体を優しく受け止めてくれる、ほどよい反発力が心地良く感じました。

▲ヴィンテージ品のフレーム座面(スプリング)

 

次にサイズ。

微妙な差ではありますが違いがございます。

現行品のシートハイが約42僂覆里紡个掘▲凜ンテージ品は約40僂半し低く、

またアームも若干細く、全体的にスリムな作りとなっております。

このあたりの違いも当然ながら座り心地に影響してきます。
ウェグナーの最高傑作ともいわれるベアチェアも現行品とヴィンテージ品でサイズが異なります。
(関連記事:lHans J. Wegner / Bear chair.PP19 & AP19(新・旧 比較)

 

▲ヴィンテージ品のアーム


最後に使用される材。
現行品はオーク材や、ビーチ材が使用されるのに対し、ヴィンテージ品はチーク材やオーク材が使用されています。
チーク材を使用したGE290はヴィンテージ品のみ存在するためとても希少です。

チーク材は木目や色味がとても美しく、また経年変化による味わいは新品にはない魅力でしょう。

▲チーク材のヴィンテージ品

 

------------------------------------------------------------------

 

今週末の2月11日(土)〜13日(日)は六本木ショールームにて

「比較展&イージーチェア展」を開催しております。


現行品は展示がございませんが、ヴィンテージ品のGE290はKAMADA六本木ショールームにて

実際にお座り頂けます。

現行品との違いを「比較」して座っていただくのも、また違った楽しみがございます。

お気軽にお越しいただけますと幸いでございます。

 

KAMADA

西崎

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

(お問い合わせ先)
株式会社KAMADA
Email:info@kamada-japan.com
Tel:  03-6802-6656

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Kamada Interior Select
世界各国からセレクトしたインテリアスタイルの紹介
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM