2016.04.12 Tuesday

ヴィンテージ家具の魅力


Hans J Wegner /The Chair JH503 by Johannes Hansen  

ヴィンテージ品の魅力の一つとして、現在から約半世紀前の古き良き時代の【ものづくり】を実感する事ができる点であると思います。デザイナーの思い描くデザイン、クオリティー「本質」を体感する為には、やはり当時に生産されたオリジナル品を所有してみる事から始まると思います。

家具が実際に消費者に渡ることで、初めてユーザーからの意見がデザイナーや工房に伝わります。その過程やニーズに沿ってより壊れにくく、丈夫な造りやデザインが改良されることが多々あります。
中には商品化されない作品や廃盤になってしまう作品も多数あります。

当時デザイナーと職人の関係は非常に密接であり、お互いの技術が活かされ展示会を通して作品が発表されました。その背景からも共に良きパートナーシップ取っていたデザイナー&メーカーの作品こそ、作り手の「本質」をみる事ができるのだと思います。


Hans J Wegner / Swivel Chair by Johannes Hansen

時代の変化によって廃業となってしまった工房も多々ありオリジナル・ビンテージ品は年々希少となっています。
20世紀中頃に誕生した人気のある品々は現在でも製造されている「現行品」が数多くあります。

オリジナル品には、デザイナーと職人との間で試行錯誤して開発されたディテールそのものが形となっています。
その作品のクオリティーの高さが後に世界的に称賛を浴びることとなり、半世紀経つ現在でも
「現行品」・「復刻品」として製造が続けられています。


Finn juhl NV45 by Niels Vodder


所有する者が歴史を知ることで一層深みと愛着が持て、作り手への「敬意」がうまれ、引き継がれているのだと思います。
単にモノを消費するのではなく、大切にしたいと思える気持ちがあるからこそ半世紀経った現在まで木製家具が綺麗な状態で残っている証であると思います。
そのような背景を知ると一層ヴィンテージ家具の世界に引き込まれてしまいます。
--------------------------------------------------------------
■お問い合わせ先

株式会社 KAMADA 

担当:鎌田

E-mail:info@kamada-japan.com


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Kamada Interior Select
世界各国からセレクトしたインテリアスタイルの紹介
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM